スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴鹿の峠シリーズ

ずいぶん長いことブログを放置してしまったので、久しぶりに更新することに・・・

ということで、直近の自転車活動から

・・・といってもたいした事してるわけでもないのですが、、、

ここ3週間ほどはたまたま暇になって、運よくそこそこの天気になったので久しぶりに鈴鹿方面へ行く事にしました。
鈴鹿山脈を一般的な自転車で越えるなら鞍掛峠、石榑峠、武平峠、安楽峠、鈴鹿峠・・とメジャー5峠がなんと言っても有名で、ローディーの中にはこれを一日で走りぬける強者もおられますが、私にはそんな体力も気力もありません。なので、これらの峠に足跡残すのに計4回のサイクリングを要したわけです。
鈴鹿山脈を滋賀から三重県へ抜けるには数年前に林道が整備された五僧峠や、すでに車では抜けられなくなった坂下峠などもあり、徒歩ルートであれば治田峠などのルートもあります。とりあえずメジャー5だけを年内に踏むことに・・というわけで、まずは武平峠と安楽峠 ここは旧鈴鹿スカイラインと東海自然歩道?のルートをたどることになりますが、比較的近いのでご近所の自転車乗りの練習コースになっています。




PB250003.jpg

相変わらずきついような、ゆるいような。。滋賀県側は距離も短く感じられるので気がつけばどどっと高度を稼いでいます。

PB250005.jpg

紅葉シーズンで観光客や登山者も結構多いので車に注意しながら下ります

PB250014.jpg
安楽峠はほんと静かな峠でした。

PB250011.jpg

この日は久しぶりにロードレーサーに乗って、久しく忘れていたスピード感を堪能しました。

そして、その次の週は、あまり時間がなかったので町内の年末清掃が終わってからKHSでい石榑峠だけ登ることにしました。



この週もまだまだ紅葉が綺麗で、永源寺の前で記念写真
PC020017.jpg

もう少し奥まで行くと、今年初めての氷 


PC020020.jpg

ずいぶんと整備されてしまったR421を登り、トンネル手前から旧道に入って石榑峠に到着。
アプローチの道がよくなりすぎたためか?峠道が短くなったっていう感じでかなり楽です。


PC020021.jpg

帰りはダムの右岸を通ります。自転車散歩にはうってつけのコースだ

PC020027.jpg

niwa-chan妻君オリジナルのリアキャリアバッグにお土産の柿を詰め込みます。結構な収納力があります。
因みに、柿泥棒したわけじゃありません。直売所で買いました

PC020032.jpg

石榑峠に行った次の土曜日 つまり先週の土曜は天候が荒れるっぽい感じだったのですが、北部を攻める事にしました。当初は五僧峠を越えて、鞍掛峠で戻るつもりでいたのですが、鞍掛トンネル三重県側で路面崩落のため通行不可との看板があり、三重県まで降りちゃうと戻ってくるのが面倒なので、権現谷林道を走って鞍掛トンネルの滋賀県側入り口まで登り、MTBできたことでもあるので本当の鞍掛峠まで行ってみようとおもいました。



多賀町役場に車を止めて、この日はMTBでいきます。
河内の風穴を過ぎて、権現谷林道に入ります。

PC080035.jpg

結構落石とかあって心地よく荒れてますが、こんなに近くにこんなにひなびた?ところがあるなんて不思議な感じです。

PC080037.jpg

PC080038.jpg

この辺りがこの林道の一番の見所とでも言いましょうか?大きな岩に囲まれた不思議な空間に激しい風が吹き込んできます。やがて風は霰を運び、次いで雪に変わります。

PC080042.jpg

ここをもう少し詰めたところから道を分ければ五僧峠にたどり着くのですが、この天候でそちらに行ってもなあ・・と気が進まないので、権現谷林道を進みます

PC080048.jpg

権現谷林道を出てR306をゲート脇から入って登ると、やはりトンネルは通行止めになっていました。
あたりはうっすらと雪が積もっています。トンネルの先からは重機やトラックの音が響いてきます

PC080054.jpg

トンネル脇から鞍掛峠・御池岳の登山口に足をすすめます。
峠手前まではほぼ押しが入ります

PC080062.jpg

峠を越えればなだらかな鈴鹿の稜線が御池岳方面へ続いています。
今日はゴアテックスのブーツなので雪を気にせずに入っていけます

PC080071.jpg

しかし、やっぱり山は山なので甘くみてはしょっぱい思いをするので標高1045mあたりのところでやめておきます。それにしても雪の山は美しい!

PC080065.jpg

あまり長居をすると体温低下しそうなので、ここから峠まで乗車率80%くらいの雪上ダウンヒルをたのしみました。MTB最高!

そんな無謀な自転車活動した翌日は、せっかくだから鈴鹿5峠最後の鈴鹿峠でも行ってみようと昨日と同じMTBで出発。



自宅からMTBの自走ですからあまり効率はよくないけれど、土山の道の駅にきたころには、せっかくだから坂下峠もいってみようという気になっていました。

PC090078.jpg

とりあえず鈴鹿峠ではいつもの場所で休憩

PC090079.jpg



鈴鹿峠からR1のトンネルをパスして東海自然歩道に沿ってすすむと、石畳・石段のダウンヒルで遊べるのです


PC090081.jpg


坂下峠へはこの神大滝林道を進みます。峠手前まではアスファルト舗装です。


PC090086.jpg

アスファルト道が終わって1キロもしないうちに坂下峠に到着

PC090087.jpg

なんといってもこのV字状の切り通しの峠は独特の雰囲気があります。
PC090093.jpg

峠から滋賀県側は路面崩落で結構荒れています

PC090097.jpg


PC090098.jpg

こんな感じです

PC090101.jpg

崩落地帯を抜けて気持ちよくドライなアスファルト道を走ってると。。。。!!!
いきなりのスケートリンク状態でおっとっと!
やさしくこける事ができましたが・・・

PC090103.jpg

後は大原ダムには降りず、神唐戸川林道経由で土山経由で自宅まで帰りました。

今回の鈴鹿を通して、やはり体力不足とMTBの技術不足は感じるけれど、散歩みたいな、ハイキングみたいな乗りで自転車に乗るのがやっぱり一番楽しいなとおもいます。
なかなか自転車に乗れないときは他人の記事読んで、いいロケーションにいるんだな~と羨ましくなりますが、滋賀県もまあ、そこそこ楽しめるもんだと思いました。でもやっぱり寒いし。。。そろそろ冬眠かな















関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

niwa-chan

Author:niwa-chan
滋賀県湖南市を中心に走ってます。

Twitter
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
一緒に走った自転車乗りたち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。